【注目】1日10分で英単語・英文があきれるほど覚えられる方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【英語Q&A】TOEICリーディングセクションで長文が苦手。克服方法は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

 

■質問
塾生になって3か月目で、英検2級講座以外のすべての講座を受講しております。TOEICが合計780点くらいで、リーディングセクションは300点ちょっとでなかなか伸びません。合計で900点以上を目指しています。英文法も勉強していますが、長文は苦手です。

 

具体的にどのような勉強をしたらいいのでしょうか?やはり、英字新聞を読むことでしょうか?具体的にどのように勉強したらよいのかを教えていただけますか? 

 

回答します!

 

時間切れか、長文問題を解けないのか、どっち?

TOEICのセクション7は、苦手とする人が多いところです。時間との戦いでもありますしね。

 

そこで、まず明確化すべきことがあります。それは長文問題を解く際、時間切れが問題なのか、それとも、最後の長文問題を解く力がないのが課題なのか、ということです。

 

言い換えると、時間切れさえしなければ最後の長文問題でも、きっちり点数をとれるのか。これを明確化しなければならないと思います。

 

模擬試験を何回か自宅でやろう

この問いを解決するためにはまず模擬試験を数回やることです。

 

TOEICの公式問題集を基本として、参考問題集をいくつかあつめて実践しましょう。むろん、最後のセクション、長文問題だけを解いて下さい。答え合わせをして自分の実力を測りましょう。

 

もし点数がとれているのであれば試験全体におけるスピードアップが課題になります。点数が取れていないのであれば、そのセクションの点数向上を目指すのか、それとも他のセクションで点数を稼ぐことを目指すのか、といった検討をすることになろうかと思います。

 

いずれにしても、そういった作戦をたてることが重要で、作戦をたてるには、現状の問題点を明確化することがいまやるべきこととなります。試験は1回では分からないので数回実戦してください。

 

セクションごとに攻略しよう

長時間の試験になるので1からやるとすごく疲れます。セクションごとに答え合わせをして一旦区切りをつけるとよいでしょう。複数の模擬試験を集めて、セクションごとに集中的にやるのもよしです。そして、点数・弱点、といったところを自分で分析しましょう。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 

1日10分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法

アクセスカウンタ

プロフィール

英語を楽しもう!六単塾

Author:英語を楽しもう!六単塾
塾長:祐樹せつら
東京大学卒。英語学習塾「六単塾」の塾長を務める。高校の頃に米国に移住。何年も英会話にやられた後に「祐樹式」に開眼した。現在は3か国語を同時習得中。

日本一長いかもしれないプロフィール

六単塾の公式ソーシャルサイト

検索フォーム

QRコード

QR
ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。